【八紘為宇】斎庭稲穂の神勅

「以吾高天原所御斎庭之穂、亦當御於吾兒」三大神勅のひとつ、斎庭稲穂の神勅。稲穂は天からの授かりもの。命の原点に回帰し、無農薬・無肥料にチャレンジしてみます。大日本は神の國なり!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バケツ稲 初!挑戦

昨年5月、初めてバケツ稲に挑戦!
いつも無農薬・無肥料のお米をいただいている
農家のお米屋さんが、バケツ稲をやりたいんです!というと
もみ米をわけてくださりました。

せっかくなので、いろいろ挑戦したいと
赤米、黒米、緑米などもと思い、ヤフーのオークションで探して
一緒に始めましたが、黒米だけ、少し収穫できました。

「ゴールデンウィーク明けあたりから始めるんだよ」と
教えていただき、その通りにはじめました。

収穫できたときのあの感動は!!!忘れられません。

今年も2度目の挑戦!
今年は自分で収穫した、もみ米を使って
バケツ稲と、「陸稲」に挑戦します。

昨年も、実は陸稲に挑戦しましたが・・・惨敗。
敗者復活戦です。

バケツ稲1


バケツ稲2


バケツ稲3


バケツ稲4


バケツ稲5


バケツ稲6


バケツ稲7


バケツ稲8


バケツ稲9


バケツ稲10


バケツ稲11


バケツ稲12

*CommentList

アスパラ2年目

アスパラ2年目



アスパラ2年目!感動です。

アスパラが種から植えて、3年たたないと食べれないなんて
知りませんでした。あと1年!楽しみ~

メディカルハーブ・コーディネーター

メディカルハーブ・コーディネーターになりました~♪


日本メディカルハーブ協会
http://www.medicalherb.or.jp/







にほんブログ村 環境ブログへ


野菜の「お花」見学 その1

ブロッコリーの花

んー写真が横になったままですね。
後日編集しなおします。
これは、ブロッコリーのお花。


水菜の花


これは、水菜 のお花。
カットしても、カットしても、結構たくさん食べることができましたが、
お花が咲いてしまいましたので、鑑賞もさせていただきました。


じゃがいもの花

これは、じゃがいものお花。
じゃがいものお花は、毒草だそうなのですが
ちょっと試せないので、本に書かれてあることを実験もせず
ご報告するのもなんなのですが・・・もう少し、どの程度の影響があるか
調べてみまして、多少、なら、試してみようかと。

日本の薬草おばさん!を目指すためには(え?いつから(笑))
まず自分で何でも試さねば!とも思うのですが


とにかく、野菜の”花”など
生まれて初めてみるものばかりです。
春夏秋冬、日本には四季があって、季節おりおりの彩りが
自然にあり、旬の野菜があって、それぞれ、場所と環境でことなる
ということが、わかってはいましたが
きっとわかってなかったんだろうと・・・

庭をみて、なすび できていたら
スーパーにも、なすび がいっぱい売ってます。

また、スーパーには、だいこん が売られているのですが
本当は、もう少しあとが旬ですよね。

暖かい土地には、食べたらカラダを冷やすものがたくさんあり
寒い土地には、食べたらカラダを温める食べ物があり
その土地特有の食べ物があるわけです。

ですが、今はどこにいってもどこのものでも入手でき
冬野菜が、夏に売られて
夏にしか本来、食べられない果物が、冬に食べられる。

なんとー!便利だー!すごいー!

・・・・・
そのとおりでもあるわけですが

例えば、子どもに 「みかんはいつ食べられるの?」と聞かれて
「冬だよ」と、答えられいようではいかがなものかと思う。

私も、みかん ぐらいであれば
すいか も大丈夫かな?(笑)
他の野菜となると、正直、そういうことすら考えたことがなかった。
考えたことがなかった。
気づかなかった人生は、
なんとせわしなく生きてきたのだろうと
いそぎすぎたよなぁーっと
やりすぎちゃったよなぁーやっぱりと

今日もやっぱり、植物たちからいろいろと学んでいます。



人間の時間配分
植物の時間配分

地球環境の危機を叫ぶならば
もう人が人から何かを学ぶのではなく
直接、大自然、植物から、地球に住む同じ仲間として
学ばせてもらう時が来ています。

おそすぎたかも?

いやいや、大丈夫!
ちょっと大変な食糧危機にはなるでしょうが、
大丈夫です!(笑)






にほんブログ村 環境ブログへ






なすび収穫 に、思う・・・

なすび1

なすびの種は、播種してから芽がでるまで
結構日数がかかったように思います。


なすび2

そこそこ苗が大きくなったあと
植え替えをしました。


なすび3

それからまた、そこそこ苗が大きくなったあとに
まい・畑へ定植してみました。


なすび6

あとは、雨が降るたび、雨のあとのお天気が良い日がつづき
そしてまた雨が降ってくれて・・・
その都度、どんどん成長しました。
あわてて、支柱を添えました。

なすび7

畑のお野菜たち、植物たちは
雨が降ると、本当に”喜んでいる”という感じがしてくるのですよね。
今年の夏は、雨が降るたび、お野菜や植物たちをながめていて
なんとなく、今まではそういうことすら思うことも、考えることも
そういうこと、一切ない生活だったわけですが
その中でも、水についてお勉強させていただき
空気についてお勉強させていてだき
自らの意志でというよりは、今、思えばお導きだったのだと感じますが
主人のガンというきっかけが、
次は「土」に触れさせていただける機会を与えられて・・・


なすび8

もちろん、私たち自身も
土のおかげで生かされている。
土から生まれ、土の栄養素をふんだんに含んだ
土から生まれた生命をいただいて
自分たちの命の力にかえて、今日も生きています。
まさに、「生かされています」。

人類といいますか、人間も自然の一部であって
決して人間が、環境をコントロールするなど
資本主義の末期ともいえる、「傲慢きわまりない」狂気の発想です。

まず地球が誕生し、原始生命体が生まれ
何億年、何十億年という、長い、長いときを経て
人間が誕生しました。
すでに、そのときには自然が存在したわけです。

自然を中心に人間が誕生したわけです。

人間もまた、自然の一部であり

「環境」という言葉を使うさいは、
そこに、人間が自然の一部である、という意味で
語られることが大切ですね。

「環境改善!保全!」・・・なんと、傲慢な言葉でしょう。

環境を保全する=自分を守ることだと
今の無意識の中、無知の中、無責任な大人たちが気づき
子どもたちには、大自然からしか学べない
大宇宙・大自然を貫く、たったひとつの真理(神理)を
伝えていけるといいですね。

戦後教育の洗脳をひとたび捨て去り
戦前の、自然と共生していたころに思いを馳せて
古代の日本、神代からつづく日本。

豊葦原の瑞穂の国・・・これが、日本という国の名前なんだと
なぜこう呼ばれていたのか。

植物をながめながら、
本当に日々、いろいろと気づかせてもらえています。

つくづく、私は何も知らなかったことに
気づかされます。

はじめっから、お勉強のやりなおしです。






にほんブログ村 環境ブログへ


*CommentList

左サイドMenu

++ 暦

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

++ 最近の記事

【目次】全記事タイトル表示

++ 日本に恋してます





南出喜久治、渾身の最新著書


+ --------------- +

現行憲法は無効ニセ憲法
帝国憲法を復元すべし


靖国にA級戦犯などいない
日本にはA・B・C級もいない


日本がした戦争は
アジア解放・自存自衛戦争


+ --------------- +



にほんブログ村 環境ブログへ
online:
+ --------------- +
総アクセス数



+ --------------- +



愛する家族を毒食品から
守る!主婦必見サイト


支那産食材を使用している
企業に電凸するブログ



有機栽培の先の世界、”無肥料栽培”




本物の農家・お店、無農薬・無肥料の野菜、
食品店、飲食店の全国サーチ



+ --------------- +

良い御本との出逢い
●パパと愛妻の本棚●
私たちおススメ心の御本を随時本棚に
アップします。まだまだ更新途中です。

+ --------------- +

++ アイサイへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。