【八紘為宇】斎庭稲穂の神勅

「以吾高天原所御斎庭之穂、亦當御於吾兒」三大神勅のひとつ、斎庭稲穂の神勅。稲穂は天からの授かりもの。命の原点に回帰し、無農薬・無肥料にチャレンジしてみます。大日本は神の國なり!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お話「奇跡のりんご」

青森県のりんご農家、木村秋則さんの作るりんごは
「奇跡のりんご」と呼ばれ、
インターネットで売り出されると即日完売となり、
入手困難なくらいに人気があります。


なぜ「奇跡のりんご」なのか?


りんごは人間が勝手にいろいろな
品種改良を重ねてきた結果、
病害虫にとても弱くて
無農薬での栽培は不可能と言われてきました。


そのりんごの無農薬・無肥料での栽培に挑戦した
木村さんは周囲から、アホ・バカ・気違いと
散々に陰口を叩かれた。

実際に栽培は困難を極め、
惨めな失敗の連続だった。


そんな木村さんの物語をご紹介します。

少し長いのですが、読んでみてください。

...........................................


昔の木村さんは、どちらかというと
算盤(そろばん)勘定のほうが先に立つ男で、
アメリカ式の大規模農業に憧れていたという。


両親が汗水たらして農作業に励む姿を見て
あんな効率の悪いことをやっていたら
農家経済はいつまでもよくならないと、
ブルドーザーやトラックの運転手をやって
日銭を稼ぐことに熱中したり、
大規模農場を視察に行っても、
畑を見るより先に、最新式の農機具の方に
関心を持つような人間であった。


だから農薬も躊躇なく使っていた。


ところが当時はいまのように
作業用の衣類もきちんとしていない時代だったので
農薬を散布すると中に染み込んできて
火傷みたいな炎症を起こし、
大きな水膨れができてお風呂に入ると
飛び上がるほどの痛みだったという。


奥さんも同じように顔中
漆にかかぶれたように
真っ赤になってしまい、
これはなんとかしなければと思案していたところで
自然農法の創始者・福岡正信先生の本に出会った。


最初は家族のために農薬を減らしたいという
思いから取り組み始めたものが

勉強を進めるうちに
農業は国民の食を支える重要な職で、
少しでも安全な食の生産に努力しなければ、
と考えるようになり、

これをやろう!
できるかできないかわからないけど
やってみようと心に誓った。


本を片っ端から読んで研究し、
父親にやらせて欲しいと頼み込んだ。

反対されると思ったら、意外にも
あっさりと認めてくれたという。

あとで聞いた話では
どうせ2、3年もすれば
やめると思ってのことだったそうだ。


だが、意気込みとは反対に
試みは順調にはいかなかった。



害虫はどんどん増えて
りんごの木は見るも無残な姿になった。


なんとかしなければとあれこれ手を尽くすが
何一つ効果がない。

自分では十分勉強をしたつもりで
簡単なものだとどこかで軽く考えていた。

それがとんでもないしっぺ返しをくらった。


誰もやったことのない栽培だから
どんな本を紐解いても
答えは書いていなかった。


もう何をしていいかわからなくなり
りんごの木に
「答えを教えてくれ」

「一個でもいいから実らせてください」と
必死に話しかける毎日だった。


二年目から花一つ咲かなくなり
五年目には幹に寄り添うと
グラグラ揺れるようになった。


「一個も実らなくていいからどうか枯れないで」
と、祈るような気持ちで一本一本に語りかけていた。


隣の畑からは
「木村はりんごの木と話している」
「とうとう狂ってしまった」
という声が聞こえてきた。


収入もなく、農機具を売ったり
パチンコ店員、キャバレーの呼び込みなどで
食いつないでいた。


周りからも随分ときつい陰口をたたかれ、
申し訳ない気持ちで胸が張り裂けそうな時に
さらに親戚がやってきて
「もう姿の見えない所に行ってくれ」
ときつい言葉を浴びせられた。


居場所を失い、しばらく畑のそばの小屋に
寝起きしていたら、3人の娘たちが心配して
やってきた。

3人の子供たちには、給食費も払えないような
ほんとうに辛い思いをさせてしまったのに、
それでも愚痴っぽいことは一言も言わなかった。

が、長女の書いた「お父さんの仕事」という
作文を読んだ時にはほんとうにショックだった。


「私のお父さんはりんごを作っています。
 朝から晩まで畑に行っています。
 でも私はりんご一個食べたことがありません」


あぁ、俺はこの子たちの親を名乗る資格は何もない。
なんてバカな男なんだろうと、
畑でひとり思い悩むことが多くなった。


とうとうある晩、ロープを持って
岩木山に向かった。

どこか首をくくるのに適当な木はないかと…

山の中腹から見る弘前の夜景が
やけにきれいな夜だった。


適当な木を見つけてロープを投げたら
見事に外れて草の中に埋もれてしまった。

月明かりで探していた時に
目の前にあるはずのないリンゴの木を
見つけてハッとした。

我を忘れて駆け寄ってよく見たら
実はどんぐりの木だったのだが、
虫もほとんどついてないし
葉の一枚一枚の厚みが違う。

人がまったく手を加えない山奥で
どうしてこんなに元気に育っているんだろうと
不思議に思い、辺りを見ると
草が自由に伸びていて、根元からなんともいえない
土のいい匂いがしてきた。

そこの土をほじくってみて
「これだ」って直感した。


どんぐりの周辺にはいろいろな草が
自由に生い茂っていて、
それぞれが役割を分担して
一つの生態系を維持していた。

元気の元はこの土だ。
これを自分の畑で再現しようと思った。



木村さんは語る。
「それまでりんごの木たちは私に、
 根っこを見ろ、土の中を見ろって
 一生懸命言い続けていたんだと思うの。

 それに気づかずに土の上ばかり、
 目に見える部分ばかり見ていたものだから
 あんなに長く苦しんだわけ。」


木村さんは山の土を持ち帰って
同じ匂いがするまで土壌の改良を
進めていった。

草の刈り取りをやめ、大豆を植えて
草ぼうぼうの状態にした。

傍目にはわからないが、りんごの木が
少しずつ元気になっていくような気がした。


2年後にはたくさんの木の中で
たった1本だったが、七つばかり
花をつけ期待が膨らんだ。


その翌年だった。


隣の畑の主人がやってきてこう言った。

「木村、見たか! 早く畑に行ってみろ!」


すぐに奥さんと家を飛び出したが
畑には怖くて行けなかった。


隣の畑の小屋から恐る恐るのぞいた途端、
真っ白な色が目に飛び込んできた。


りんごの木たちが競うように花を咲かせ
畑は白一色に覆い尽くされていた。


目からは涙が溢れ出てきた。


無農薬・無肥料栽培に取り組んで
十年目のことだった。



ここまで耐えて続けられたのは
やっぱり家族の協力のおかげだと
木村さんは語る。



以下は木村さんの言葉です。

...................................

何をやっても結果が出なかった頃は、
頭の中にいつも二人の自分がいてよ、

一年が終わる頃には
「来年はこうやろう、きっとよくなる」

「なんてお前はバカなんだ。来年はもうやめろ」

って言い合うんです。


でも雪が融けて春が来るとまた女房に
「今年一年やらせてくれないか」
と言ってしまうわけ。

女房は何も返事をしませんでした。

きっと心の中では複雑な思いもあったでしょうけど
最後まで文句も言わずについてきてくれた。
ほんとうにありがたかった。


それは常々、社会にお役に立つ仕事をしよう、
そういう生き方を貫いていたらきっと道は開ける、
と言い続けていたからだと思います。

その心の誓いにきっと共感してくれて
いたんだと思うんです。


いまの日本はどこか殺伐としていて、
おかしな事件がたくさん起こっているでしょう。
それは結局、人間は偉いんだという
驕(おご)りや錯覚から生じているんじゃないでしょうか。


農業の指導で全国を回らせてもらっていますが、
そういう機会を通じて謙虚な心、
感謝の心を持つことの大切さを
私は訴えているんです。


「今年一年ご苦労さん」
って一言でいいからさ、田んぼや畑に
ねぎらいの言葉を掛けてくださいって
私は皆さんに言うの。



漫画みたいな話しだけれども、
「ありがとう」といつも
声を掛けているりんごはよく育つんです。


声を掛けないりんごと比べると一目瞭然です。


だから私は、畑に行ったらいつもりんごの木
一本一本に話し掛けるの。

「ありがとう」って。


大切なのは心です。

植物にも愛情を持って向き合うことが大事で、
技術は後からついてくるんです。


とくに私は失敗の期間が長かったから
収穫する時の感謝の気持ちは
人一倍大きいんです。


自分がこのりんごを実らせたと
思ったことはありません。


りんごの木が実らせてくれるんです。


主役はあくまでもりんごでさ、
私はただりんごが育つお手伝いをしているだけ。


だってさ、どんなに頑張ったって
自分の体にりんごはならないもんな(笑)。


人間は自分を高い位置に置いて
りんごを見てしまいがちだけれども、
自分もりんごも同じ生き物だという位置に立って
愛情を持って接することが大事だと思うんです。



農業に限らず、いまの社会全体に
そういう謙虚さとか愛情が欠けて
ギシギシしているんじゃないでしょうか。


私は農業という命を育む立場から、
人間が本来持っている温かい心や
愛情の大切さを訴え続けていきたいですね。


.......................................



根源に必要なもっとも大切なものは
「謙虚さ」と「感謝の心」ですね。


ありがとうございました。









にほんブログ村 環境ブログへ
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://yuniwanoinaho.blog118.fc2.com/tb.php/31-572cd00c

左サイドMenu

++ 暦

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

++ 最近の記事

【目次】全記事タイトル表示

++ 日本に恋してます





南出喜久治、渾身の最新著書


+ --------------- +

現行憲法は無効ニセ憲法
帝国憲法を復元すべし


靖国にA級戦犯などいない
日本にはA・B・C級もいない


日本がした戦争は
アジア解放・自存自衛戦争


+ --------------- +



にほんブログ村 環境ブログへ
online:
+ --------------- +
総アクセス数



+ --------------- +



愛する家族を毒食品から
守る!主婦必見サイト


支那産食材を使用している
企業に電凸するブログ



有機栽培の先の世界、”無肥料栽培”




本物の農家・お店、無農薬・無肥料の野菜、
食品店、飲食店の全国サーチ



+ --------------- +

良い御本との出逢い
●パパと愛妻の本棚●
私たちおススメ心の御本を随時本棚に
アップします。まだまだ更新途中です。

+ --------------- +

++ アイサイへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。