【八紘為宇】斎庭稲穂の神勅

「以吾高天原所御斎庭之穂、亦當御於吾兒」三大神勅のひとつ、斎庭稲穂の神勅。稲穂は天からの授かりもの。命の原点に回帰し、無農薬・無肥料にチャレンジしてみます。大日本は神の國なり!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なすび収穫 に、思う・・・

なすび1

なすびの種は、播種してから芽がでるまで
結構日数がかかったように思います。


なすび2

そこそこ苗が大きくなったあと
植え替えをしました。


なすび3

それからまた、そこそこ苗が大きくなったあとに
まい・畑へ定植してみました。


なすび6

あとは、雨が降るたび、雨のあとのお天気が良い日がつづき
そしてまた雨が降ってくれて・・・
その都度、どんどん成長しました。
あわてて、支柱を添えました。

なすび7

畑のお野菜たち、植物たちは
雨が降ると、本当に”喜んでいる”という感じがしてくるのですよね。
今年の夏は、雨が降るたび、お野菜や植物たちをながめていて
なんとなく、今まではそういうことすら思うことも、考えることも
そういうこと、一切ない生活だったわけですが
その中でも、水についてお勉強させていただき
空気についてお勉強させていてだき
自らの意志でというよりは、今、思えばお導きだったのだと感じますが
主人のガンというきっかけが、
次は「土」に触れさせていただける機会を与えられて・・・


なすび8

もちろん、私たち自身も
土のおかげで生かされている。
土から生まれ、土の栄養素をふんだんに含んだ
土から生まれた生命をいただいて
自分たちの命の力にかえて、今日も生きています。
まさに、「生かされています」。

人類といいますか、人間も自然の一部であって
決して人間が、環境をコントロールするなど
資本主義の末期ともいえる、「傲慢きわまりない」狂気の発想です。

まず地球が誕生し、原始生命体が生まれ
何億年、何十億年という、長い、長いときを経て
人間が誕生しました。
すでに、そのときには自然が存在したわけです。

自然を中心に人間が誕生したわけです。

人間もまた、自然の一部であり

「環境」という言葉を使うさいは、
そこに、人間が自然の一部である、という意味で
語られることが大切ですね。

「環境改善!保全!」・・・なんと、傲慢な言葉でしょう。

環境を保全する=自分を守ることだと
今の無意識の中、無知の中、無責任な大人たちが気づき
子どもたちには、大自然からしか学べない
大宇宙・大自然を貫く、たったひとつの真理(神理)を
伝えていけるといいですね。

戦後教育の洗脳をひとたび捨て去り
戦前の、自然と共生していたころに思いを馳せて
古代の日本、神代からつづく日本。

豊葦原の瑞穂の国・・・これが、日本という国の名前なんだと
なぜこう呼ばれていたのか。

植物をながめながら、
本当に日々、いろいろと気づかせてもらえています。

つくづく、私は何も知らなかったことに
気づかされます。

はじめっから、お勉強のやりなおしです。






にほんブログ村 環境ブログへ


スポンサーサイト

*Comment

はじめまして。
無肥料ですか!私はよくわかりません。
ここ何年か 生ごみをEM菌で発酵させて施肥してきました。
まだまだ育土段階ですが 胡瓜などは今夏満足する生育でした。
種はその地方に適合させるために自家採取が一番ですね。
茄子は千両ニ号よりも もっと美味い固定種もあるようです。
では また!
  • posted by 背水凡夫
  • URL
  • 2008.10/24 00:04分
  • [Edit]

コメント有難うございます

コメント嬉しいです。有難うございます。
そうなんです。”無肥料”・・・
無農薬などはもちろん当然なのですが
有機栽培?にもかなり疑義がありまして、いきついたのが、この”無肥料”です。
只今あれこれ自分で体験中なので、またいろいろとご教示いただきたいのですが、おっしゃる通り、「種」につきましても品種改良がされてあることも最近よくわかってきました。まだまだお勉強です。

茄子の固定種でもっと美味しいのがあるんですねー。また教えて下さい。

写真もたまってきているので更新したいのですが、また少し落ち着きましたら更新していきますので、今後ともよろしくお願いします。

こんばんは!
こちらこそ よろしくです。
今夏 無肥料栽培なるものを知り 新規開拓の所で試してみましたが見事に失敗しました。
ノウハウを知らず自己流です。初夏蒔きの地這い胡瓜が本葉を2枚出したところでそれ以上成長しません。種子は有機・自然農法産の「耐病露知らず」です。
※茄子に発生するアブラムシの駆除
晴天を見計らって 牛乳か濃い目のインスタントコーヒを葉裏まで噴霧すると 乾燥時にアブラムシの気門を塞ぎ
ケミカルを使わなくても殺虫剤と同様の効果が得られます。覚えておいて損なしです。
余った種子は冷凍庫で保管しましょう。種子寿命が伸びます。
8年前採取の胡瓜の種で今年も蒔きました。
  • posted by 背水凡夫
  • URL
  • 2008.10/28 00:34分
  • [Edit]

コメント有難うございます

背水凡夫さん、コメント有難うございます。なんだか遅いお返事になって申し訳ありません。
いろいろと教えていただき有難うございます。

さて、11月も中旬をすぎまして京都も一段と寒くなりました。
あと、ほうれんそうや小松菜、ちんげんさいなどの、菜っ葉類の種を蒔きたいのですが、まだまだバタバタしていて、つい先週あたりに、さつまいもを全部掘り起こしたところです。

無肥料で育てますと、本来の成長の仕方なのでしょうか?育ち方が遅いように思います。が、これが自然なのでしょうね。

とにかく、いろいろとありまして、収穫時期を逃した豆類が全滅でした。そこでこの度は、北海道の無農薬・無肥料の大豆を購入し、これまた無農薬の米麹を購入して、味噌をつけてみました。いわゆる、手前味噌(笑)です。またブログでご報告したいと思いますのでよろしくお願いします。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://yuniwanoinaho.blog118.fc2.com/tb.php/42-3e0e31ca

ナスの様々な品種と、ナス科の野菜

ナスの主な品種には、千両ナスや長ナス、米ナスなどがあります。なすを使ったメニューといえば、麻婆茄子や茄子の浅漬け、茄子の田楽あたりが一般的ですね。後半は、ナスと同じ科の野菜について書いてます。

左サイドMenu

++ 暦

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

++ 最近の記事

【目次】全記事タイトル表示

++ 日本に恋してます





南出喜久治、渾身の最新著書


+ --------------- +

現行憲法は無効ニセ憲法
帝国憲法を復元すべし


靖国にA級戦犯などいない
日本にはA・B・C級もいない


日本がした戦争は
アジア解放・自存自衛戦争


+ --------------- +



にほんブログ村 環境ブログへ
online:
+ --------------- +
総アクセス数



+ --------------- +



愛する家族を毒食品から
守る!主婦必見サイト


支那産食材を使用している
企業に電凸するブログ



有機栽培の先の世界、”無肥料栽培”




本物の農家・お店、無農薬・無肥料の野菜、
食品店、飲食店の全国サーチ



+ --------------- +

良い御本との出逢い
●パパと愛妻の本棚●
私たちおススメ心の御本を随時本棚に
アップします。まだまだ更新途中です。

+ --------------- +

++ アイサイへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。